自動車の2台目を購入する場合、保険料が安くなることがあります。かなりの確率です。例えば、旦那さんと奥さんそれぞれで車を所有する場合、複数所有新規という加入方法があります。

これは、夫が高い等級の場合、同居の家族もそれなりの等級で契約できるというものです。

しかも、保険会社が違っても有利に安く自動車保険に加入できるのです。こういった情報は代理店に聞いてもわからないので、保険会社に聞いてみてくださいといわれることもありますので、なかなか素人ではわからないと思います。

ディーラーに勧められるがまま保険に加入してしまっては、かなりの確立で損をしてしまうことが多いです。ディーラーには申し訳ないですが・・・

セカンドカー割引

 

他にも、セカンドカー割引というものもあります。すでに、普通乗用車をお持ちの場合で、奥さんが軽自動車を買う場合ですと、奥さんが軽自動車のセカンドカー割引で7等級の新規加入するのがベストだといえます。通常6等級からはじまる自動車保険ですが、それが7等級から始まるので安くなるのです。割引率は年齢によって様々です。セカンドカー割引は保険会社によってあるところないところがありますので、よく比較検討しましょう。

>自動車保険2台目の一番安い保険料を無料で比較<

自動車保険は、2台目を購入したときに切り替えるのがお得でもっとも手間がかかりません。
保険料が数万円安くなるチャンスを見逃す前に、保険料を比べるのが賢いやり方です。
<自動車保険 2台目>は本当にこれでいいのか?損をしている可能性あり

代理店にすすめられたり、付き合いという理由で保険に加入していたら注意!

インズウェブ
無料!一括見積り「インズウェブ」で、自動車保険の一括見積り。利用者が500万人を突破し、最大20社、最短5分でリアルタイムにかんたん一覧比較ができます。車の型式だけで見積もりが可能ですし、保険を節約するのならご参考ください。条件によって保険料も微妙に違ってきますのでどこの保険会社がよいかは車の装備やグレード、加入者の年齢などによって大きく異なります。

最短5分で一括見積もりが可能

車の型式だけで見積もりが可能

利用者500万人突破の実績

<自動車保険 2台目>は本当にこれでいいのか?損をしている可能性あり

保険スクエアbang

自動車保険の見積もりが無料で取り寄せることができます。各社の自動車保険の保険料を比較もできて、ネットでそのまま契約できます。自動車保険の保険料は、年齢や車の用途によっても大きく異なりますので実際のリアルな年齢別の保険料試算結果も公開しています。

250万以上の利用実績

最大21社の中から見積もりゲット

見積もり後に1秒で保険料の試算

<自動車保険 2台目>は本当にこれでいいのか?損をしている可能性あり

ズバット自動車保険比較

ズバット自動車保険は、比較的新しい一括保険見積もりですが、21社での比較ができるのがメリットだと思います。満足度ランキングや手続きに関するコンテンツも充実しているので一度見てみると参考になりますよ。

見積結果は一覧でメール

厳選21社から見積り

電話での見積もり相談あり

<自動車保険 2台目>は本当にこれでいいのか?損をしている可能性あり


自動車保険 2台目割引の条件


条件としては下記の条件があります。
1台目の車の割引が11等級以上であること
2台目の車の車両所有者・保険名義人が1台目の人の同居の親族であること

セカンドカー割引があるのは下記の保険会社になりますので、
まずは、保険の無料比較サービスで各各社の保険料の見積もりを取ってから
一番安い保険料の会社を選ぶと損をしません。

車の保険選びって難しい

 

車の保険の選び方って難しいですよね。事故後の対応など、加入時にはわかりませんし。ネット割引や通販での保険もありますし、従来型の保険とで、何に違いがあるのかもわからなくなってきます。


幸いなことに、私の場合は、親戚に保険の代理店をしている人がいるので、お願いしているわけですが、今は、損保ジャパンの保険に加入しています。車はアルトで、13等級で30000円切っているんですが、これ以上に安くなる保険はあるのかなと考えています。損保ジャパンに加入する前には、ニッセイ同和に加入していました。その会社の中での事故の件数で掛け金の変動があり、金額は覚えていませんが、1万円前後は上がってしまいました。事故を起こしたわけでもないので、親戚の人にお願いし、違う保険会社を探してもらったのが、損保ジャパンでした。何度か、ニッセイ同和と損保ジャパンを行ったり来たりしていました。

ニッセイ同和の上げ幅が大きい時に、いつも保険を見直してもらっていました。手続きなどは親戚の人が全てやってくれるので、プランの確認だけしてもらっています。プランも相手も賠償をしっかりしたほうがいいと思いながらも、けがなどの保証が無制限になっているんですが、もし、大きい事故を起こした時に、いくらほど保険会社から支払うことになるのかと考えると一定の金額にするのか、今まで通り無制限のままがいいのかって、難しいです。事故は起こしたくはないですが、事故を起こした時にちゃんと保障されなければ意味がないですよね。

車の保険はいろんなものがあるので選ぶのが大変

 

車に乗っていると、必ず維持費というものがかかってきます。税金や定期点検など、いろんなものがありますが、必要なものといったら、任意保険だと思います。任意だということで、加入していない人もいるのですが、それはこわい気がします。

というのも、車の運転は何が起きてもおかしくはないので、保険に加入するのは当たり前だと思うからです。自分は任意保険に加入していますが、結構悩んだ末に今加入しいる保険に決めました。

車はステップワゴンスパーダに乗っていますが、保険料は20等級でだいたい5万円くらいです。車両保険も付いているので、安心できます。基本的なものだけであれば、2万円程度ですみますが、自分の愛車に何かあったときのことを考えて、車両もつけています。

基本的なものだけでも十分だとは思いますが、自分が加入しているものには自然災害で何かあったときにも補償されます。今の保険会社はほとんどの場合、付いているものが多いと思います。加入した経緯は、ステップワゴンスパーだを購入したときに、ディーラーに紹介してもらったので決めました。

初めはもともと入っているもののほうが安いと思っていたのですが、ディーラーに紹介してもらった、日本興亜損保のほうが同じ補償内容でも安かったので、そちらに決めました。手続きの対応は、ディーラーの人がやってくれたのですが、説明もよくできていて、とってわかりやすかったです。

車の保険といってもいろんなものがあるので、自分にあったものを選ぶのが一番いいと思います。

リスク細分型は細かい条件で成り立っている自動車保険ですが、毎月の保険料が少しでも安くならないか、割引制度について調べることはとても重要です。運転者限定や走行距離・ゴールド免許・複数契約・長期優良・ABS・エアバッグ・デュアルエアバッグ・エコカー・新車・盗難防止装置・インターネット利用・早期契約と、自動車保険にはいろいろな割引制度があり、知らないでいるのは非常にもったいないことです。

ここでは、はじめに挙げた運転者限定割引制度について見てみましょう。運転者限定は、運転する人を限定することで自動車保険料の割引を得られる制度です。運転者を「自分だけ」「家族だけ」「友人知人も運転」というように特定の人を限定します。

限定のタイプは各保険会社によって違います。「本人・夫婦限定」の取扱いは少ないタイプです。また当然ですが、限定しているわけですから限定者以外の人が運転して万一事故を起こしても補償はされません。この割引制度は、限定する人が少ないほど事故の危険度は下がり、保険料が安くなるしくみです。運転者限定「アリ」にする時は、くれぐれも限定者のみの運転を厳守してください。しかし、運転者限定を賢く利用する方法があります。

等級によりますが、運転者限定「アリ」と「ナシ」の保険料の差が、多いときには1万円を超える場合もあります。家計にとってこの差はとても大きいものがあります。「ごくたまに友人が運転することがある」、そんな場合はまず、限定「アリ」で契約しましょう。

友人が使う時が来たら必要に応じてその期間だけ運転者限定を解除します。保険会社に電話1本で簡単に済みます。

解除した日にち分の保険料は日割り計算されますので、友人が使う期間が終わったら再度「アリ」に戻しましょう。このように割引制度を上手に利用することで保険料の節約にもなります。