<自動車保険2台目で得する>車保険の特徴

車保険の特徴のひとつに、保険料の違いの大きさがあげられます。大手損害保険会社の保険料はダイレクト保険に比べ2、3万円高くなることもあり、車保険は掛け捨てですからその差は大きく感じられます。車保険には、「ダイレクト保険」と「代理店型保険」があります。「ダイレクト保険」が本格的に販売されたのは1998年の保険業法改正、完全自由化以降です。大手損保会社の独占シェアと言っても過言ではない自動車保険業界で、ダイレクト保険会社は認知度・シェアをあげるために各社競って安さや新しいサービスを売りに多様な割引制度を展開しています。

 

各社の競争・企業努力により、契約者に大幅な値下げやサービスの質の向上をもたらし、ダイレクト保険の加入者は増加し続けています。まだまだ小さいと言われるダイレクト保険市場ですが、その成長率はうなぎのぼりで今後がとても注目されます。ゴールド免許や走行距離、過去の事故の数などの条件は人により当てはまりませんが、インターネット契約や早期更新にも割引があり、人を選ばず誰でも割引が得られるものもあります。顔を合わせない不安には、カスタマーセンターで24時間各種問合せに対応、納得いくまで丁寧な説明が受けられます。明日保険に入りたいという場合や契約内容の変更にも素早い対応です。一方、「代理店型保険」はどうかと言うと、大手損保会社は代理店契約を行っていて契約者との間に代理店を通すので、そこには中間コストが発生します。代理店型保険は保険料の安さだけをみてしてしまうと良くないように見えてしまいますが、決してそんなことはありません。

 

皆さんがお住まいの地域で自動車保険代理店を何社か見かけると思いますが、代理店は地域にとても密着しています。万一の事故時には、いち早く現場に駆けつけてくれる代理店担当者もいて、お金では買えない信頼や安心を得られます。事故時の安心は事故の経験がある人は特に良くわかると思います。また、対面販売ですので顔が見え契約者に合うお得なプランを提示してくれます。付き合いが長くなれば保険のことはこの人に任せていれば大丈夫という信頼ができます。もちろんその他サービス内容も充実しています。事故時の保険会社の対応が悪くて大変だったという人もいるでしょう。自動車保険は安心が大事です。保険会社の特徴をふまえ「ダイレクト保険」・「代理店型保険」自分に合う選択をしましょう。