<自動車保険の2台目で損をしない>車保険の必要性

車保険の選択の基準は個人ごとに大きな違いがあり、たとえば低料金であることが最優先の人、事故受付や問い合わせに対するコールセンターの適切な対応を第一と考える人、単に保険会社のイメージや好き嫌いなどで決める人など、ひと口に「これが一番大切」とは言い切れません。

 

しかし、車保険を選ぶときに大事なのは、【最も大きなリスク】に対して確実にカバーすると同時に「自分はどのような補償内容がどのくらい必要であるのか」を慎重に考え優先順位をつけることです。さてそこで、【最も大きなリスク】とは何か、それは対人・対物賠償と考えられるのではないでしょうか。仮に運転を誤って歩行者の列に突っ込んで死亡させてしまったとします。1人につき4000万円の死亡賠償をするとなった場合、被害者が10人いたら4億円になります。対物においても同様で、仮に運転を誤って前方のトラックに追突してしまったとします。

 

相手車の修理代は少額で済んでも、高額な積荷を積んだトラックだったとすると、その積荷の損害に対して数千万から億単位を請求される可能性もあり負担に際限がありません。したがって補償限度額を無制限にすることを勧めます。つぎに重要視したいのが人身傷害保険または搭乗者傷害保険ですが、補償される治療費の額や支払われ方が違い、かつ人身傷害保険は逸失利益の支払いを受けることができることもあり、人身傷害保険のほうを優先し、保険料に差がなければプラスαで搭乗者傷害保険をつけるのがよいのではないでしょうか。これらはひとつの参考にしかなりませんが、優先順位をつけて自分が望む車保険をしっかり選ぶことが重要です。