<自動車保険2台目から>自賠責保険は車保険の最低限の対人保険制度

車保険にはいろいろなタイプの保険がありますが、車保険の基盤として、まず挙げられるのが自賠責保険です。自賠責保険は最低限の保険制度で、1955年施行の「自動車損害賠償保障法」によって開始されました。

 

一般道を走るすべての自動車及び原動機付自転車の保有者は自賠責保険に加入することが義務付けられています。過失割合にかかわらず、負傷した者は被害者として扱われ、相手の自賠責保険から保険金が出るしくみです。

 

ただし、補償されるのは対人のみ

車・電車・バスなどの車両、それから建造物などの物損に対しては適用されません。自賠責保険の加入は強制で、未加入で運転すると1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられることとなります。

 

また常に自賠責保険証書を携帯していなければならず、携帯していない場合は30万円以下の罰金となります。加えて道路交通法上の交通反則通告制度の点数が6点加算となり、免許停止または取り消しの厳罰処分となります。通常、自動車や250CCを超えるオートバイの自賠責保険の更新は車検時に行われ、次の車検時まで契約更新という形をとることがほとんどです。

 

車検のない場合

しかし、車検のない250CC以下のオートバイは1年〜5年の期間で自分で選択して契約ができるため、更新を忘れ期限切れになってしまってから事故を起こすと、相手への賠償はすべて自己負担となってしまいますので注意が必要です。これらのことから大多数の人は自賠責で補償されない部分の補償を任意保険に加入することで補い、車保険を完備して万一の際に備えています。